2015年4月9日木曜日

【偏見や決め付けはよくないよ】熊本大学入口名誉教授のアドバイスを「ミリシベ詐欺」呼ばわりなさった方と、その後に入口先生へ疑念を私へ当ててきた(自称)お医者様へ回答です。

はい、あっという間にアクセス300カウント越えました。これ、小さいけどスクリーンコピーです。クリックしてね。↓



こんな、そこらへんのお祖母ちゃんが書いてる個人ブログに、1-2日でこれだけアクセスがあるのは、それだけ多くの人たちが実は福島原発の様子が、気になって知りたいってことですね。
入口先生が信望が厚いということでもあります。

一体Twitter上で、匿名で御用学者呼ばわりして侮辱し続けている彼は、自称裕福な医師だそうですけど、他人と意見が違うだけで、あそこまで他人を見下せるものなんでしょうか?
そして彼はアカデミックな方なんだそうです。どれくらい物理学を勉強なさったお医者さんなんでしょうね?アカデミックではない私は、入口名誉教授に騙されているんだそうです。
入口先生を偏見に満ちた目で決め付けて、どこまでTwitter上で馬鹿にしたら気が済むんでしょう彼は!センセー山口は311直後たった60日で1歳の子供たちは0.8mSvも甲状腺だけで被曝してるって事はとうの昔にアメリカ国防総省がホームページで公表済み。なんでこのオエライセンセーはわが子を日本に未だに置きながら東日本で子供たちを逃がせない親たちを見下せるの?

山口は311直後たった60日で1歳の子供たちは0.8mSvも甲状腺だけで被曝してるって事は米国国防総省がHPで公表済み。何故君は未だに汚染列島日本に未だ幼いわが子を置いてるん?「移住する勇気を持つような息子を育てられなかった自分の教育力」に反省したらどうだ
あ、そうか、彼の親の教育力が足りなかったのか(笑)

先日、熊本大学物理学者名誉教授入口先生からの、「怖いものは怖いですが、怖がらなくてよいものを怖がって家庭が崩壊したりすると悲劇ですから。」のアドバイスをブログに投稿しましたところ、

このブログの1読者(Twitter上の@)から、こういった質問を頂きました。

先日、http://megsinginglalala.blogspot.jp/2015/03/blog-post_28.html#comment-form を拝見しました。疑問点が幾つかあります。 1:原子力推進派だからこそ、この人はProf.になれ、反対の小出先生は生涯助手で退官されました。 2:肺からの内部被爆を巧妙に宇宙線被爆と混同させている。 3:食物をSv扱いしている。

この質問を私に寄越した方(Twitter上の@は、前のブログに書いた、入口先生をミリシベ詐欺だと仰った方()のTwitter上での親しいお友達です。

Twitterで入口先生に対して、こういうことを言って寄越した素人の方がいらっしゃたので、
 典型的な物理系のミリシベ詐欺だと思います
精緻な人体への影響を熱量換算することに、何ら根拠はありません。
直径30cmの水を入れた風船を人に見立てて、xxmSv照射すると温度が何度上昇するか?を元に換算してるんですよ。」(ここについては、こちらに書いてあります。http://megsinginglalala.blogspot.jp/2015/03/blog-post_28.html

私は、率直に、入口先生に、いま一度、不躾を承知で、私に質問をしてきた方の質問内容を入口先生に尋ねてみました。

きちんと最後まで、入口先生に対する、偏見や、一方的な決め付けをされたままでこの話を終わりにしたくなかったからです。

入口先生から、丁寧なお返事を頂いたので、承諾を得た上で、こちらにShareします。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
Norio Iriguchi
1.「教授は原子力推進派であり、原子力反対派は生涯助教で退官する」とのご意見について  私(入口紀男)に教授の仕事ができたのは、旭化成(東京)に30年間勤めていた間に大学教授に匹敵する学術上の業績を上げ、2002年に熊本大学の教授公募に応募し、業績審査と面接審査を経て任用されたからです。数十倍だったようです。  http://www.geocities.jp/flowercities/irig/  私の専門はMRIです。私は世界で初めて2テスラという高磁場のMRIを開発しました。また人体の炭素13の画像化を世界で初めて実現しました。MRIは昔NMR-CT(核磁気共鳴-CT)といって「核」という名前が付きましたが、原子力とは無関係です。前記炭素13にも放射能はありません。  私は水俣生まれです。水俣も福島と同じように政府によって棄てられて来ました。なので、私は、水俣と同じように福島に無関心ではおれないというだけです。  京都大学は学術上の水準が高く、教員は「学士」や「修士」をさらに教育して「博士」を生み出すことができる機関です。なので、教員は自ら学術上の業績をあげて「博士」の学位を取得していなければそれができないので、学内の委員会で教授や准教授に昇進することが認められることは生涯なく、また助教に採用されることさえ稀です。  「教授は原子力推進派であり、原子力反対派は生涯助教で退官する」というご意見は何らかの偏見でしょう。 2.「肺からの内部被爆を巧妙に宇宙線被爆と混同させている」とのご意見と、 3.「食物をSv扱いしている」のご意見について  「生物濃縮」によって、内部被ばくは体内で「ホットスポット」ができやすく、それは宇宙線被ばくのように全身を透過していく外部被ばくとは明らかに異なっていますしかし、「生物濃縮」に関する研究の歴史は非常に浅いのが現状です。「生物濃縮」は、海藻が海水中のヨードを濃縮して蓄えたり、貝が海水中のカルシウムを数万倍に濃縮して貝殻を造ったりすることが古くから知られていましたが、それを人間が最初に「文献」に著したのはアメリカの女性科学者レイチェル・カーソンの『沈黙の春』(化学物質の危険性を、鳥達が鳴かなくなった春という出来事を通し訴えた1962年の作品)が史上最初です。現在のところ、肺からの内部被ばくも、宇宙線被ばくも、同じように「ベクレル」や「シーベルト」で表わす知恵しか人間にはありません。 「食物によって人が年0.23ミリシーベルトの被ばくを受ける」ことは(数値に多少のぶれはありますが)事実であり、原子力推進派と原子力反対派の共通の認識です。  では、食物による年0.23ミリシーベルトの被ばくはいったいどこから来るかというと、それは我われが縄文石器時代以来食物からとっている「炭素14の2,000ベクレルとカリウム40の3,300ベクレル」であるというのが事実であり、原子力推進派と原子力反対派の共通の認識です。  詳しくは ⇒ http://www.geocities.jp/flowercities/amaterasu/elements.html

又、入口先生は、ここ最近の日本全国的に線量があがっているという騒ぎについては、
  • 私 先生、今回の熊本の友達の家の中で、0.5μSv/hはSOEKSというガイガーで計測したそうなんですが、β線も拾ったはずなんですが、何で急に上がったんでしょう・・・?
    多くの一般人が不安に感じているのは、他にも埼玉や東京の町田でも一般市民のガイガーカウンターで線量が上がっているからなんです。熊本の友達も家の中でSOEKSで0.5を叩いて、鼻血が出たという投稿がFacebookにありました。私もSOEKSを持っています。γ線のみ計測するものも持っています。大抵はSOEKSはγ線のみの計測の倍くらいの数値が出ます。β線は放射線以外のものも拾ってしまうことは承知してます。
  • 入口紀男
    入口紀男
    私もそのことに大きな関心をもっています。本当は何かが起きていて、隠されているのかもしれません。でも、何かが起きているのか、隠されているのかが分かりません。特定秘密かもしれません。メディアも触れていません。でも、憶測で空振りの情報を発信することはできません。
    又、私の福島原発放射能事故後の体調不調について、お話しすると、
入口先生 「ご不調がよく分かります。私は、子どものころ水俣で育ちながらお魚を食べた記憶があります。68歳のいま、これから少しずつ症状が出て来るのかもしれません。でも、それはそれとして、死ぬまで精いっぱい前向きに生きて行きたいと思っています。」
以上が入口先生からの誠実なお返事です。



私、思うんですけど、私は、2011年の5月から自分の身体の変調に気付き、自分で被曝だと認識して、2012年の2月には沖縄に移住しました。息子達や孫達を移住の説得が適わないまま今に至り、息子達から沖縄は就職が厳しいから無理と言われて2012年11月に沖縄から岡山へ更に移住して、息子達の移住の決心を待って今に至っています。

Twitterやネット上には、福島原発放射能事故後4年経った今も、放射能汚染地域である福島や東京含める関東エリアから逃げない人たちを、危ない逃げろと色んな情報を投稿しては、リスクを煽り続けていらっしゃる、そうやって他人の命を救うことが正義だと言って譲らない方達が多々いらっしゃいます。

私も自分の家族に対してはそうでした。

しかし、事故後4年経った今、あちこちで癌だ、急性白血病だ、悪性リンパ腫だ、心筋梗塞だくも膜下出血だという個人の方からのメールが届くようになって、Twitterでも、そういう病に倒れて闘病中の方のTweetが目に付くようになってから、

果たして、無責任に、他人に対して危険を煽り続けるのはどうなんだろうか?と疑問に感じることが多くなりました。

昨日、福島の相馬市の線量が急激に上がり、福島原発が又再臨界だとかと、あちこちで線量が上がっているからと騒ぎになって、内部被曝を考える市民の会の代表の川根先生が


今日の雨にはあたってはいけない。不要不急の方は屋内で過ごしましょう。原発は何も収束していません。こういうことは何度でもおきます。冷静に対応していきましょう。ただし、安定ヨウ素剤は準備しておく必要があります。放射線量計はしばらく、常時持ち歩きましょう。特にベータ線を観測しましょう

と警告のTweetをして下さり、関東に子供や孫達を残している私は心配で胸がどきどきしたのですが、
そんな時にこんなTweetをなさった方がいらっしゃいました。
この方は、入口先生へ、先(このブログ前半の)の質問を私のブログ経由で届けていらした西日本の(自称)お金持ちなお医者様で、放射能汚染地域から一人でも逃がすことを正義と感じてらっしゃるらしい方です。

「今日の東京は雨だったね…



つくづく、関東地方は運が悪い。プルームが叩き落される。



でも他の地域が助かるから良しとしよう」



私は、いくらなんでも、他人の心に棘を置くようなツイートは如何なものかと申し上げたら、あなたも自分の家族を西に逃がせたら同じように思うでしょうと言われました。

「移住する勇気を持つような息子を育てられなかった自分の教育力」に反省したらどうだ言われました。



思うんですけど、放射能についての知識は、我々素人が、福島原発放射能事故後の付け焼刃な知識で、あれこれの自称専門家の皆さんから聞きかじって、ごった煮にした程度の知識では計り知れないくらい、複雑で、放射性核種にしても、どれがどれくらい危険とかって言うことは、
素人が、安易には語れないんじゃないでしょうか?


自分以外の他人の人生を変えてしまう、移住について、赤の他人が、ネット上で自分だけの正義を振りかざして、ああしろこうしろって言える様な物ではないんじゃないでしょうか?



福島原発放射能事故直後に、政府寄りのの御用学者たちが、無責任に直ちに問題ない、大丈夫だ、なんて言っていたのと同じくらい、他人に仕事を辞めさせて、故郷を捨てさせて、全てを捨てさせて知らない土地でゼロ発信させるなんていうことは、親でも出来ない。してはいけないことなんだなって最近思います。


命は助けたいです。被曝を続けて欲しくないです。

しかし、岡山に移住した私が岡山で被曝していない補償はありません。

助けたくても助けられないって事はある。逃げたいけど逃げれない人も居る。これが現実。移住は個々人の問題であって他人が無責任に口を挟む事じゃないし強制する事でもない。ましてや、西日本から、東日本の逃げない人をのように馬鹿にする話でもない。そういう人は未だに日本に居る時点で海外から馬鹿にされる。
福島原発放射能事故後、かなぐり捨ててわが子や孫たちを初期被曝から守ろうとしたけど、結局、子供たちは結婚して世帯分離したら、子は子の人生、選択も勿論別。嫁さんの実家の親の考えも強く入ってくるから、どうにもならないね。人生かなぐり捨てて知らない土地でゼロ発信しても初期被曝があるわけで、絶対安全が担保されたわけでも無く、移住先でどんな苦労が待ってるかも定かではない。移住してつまづいて振り返って故郷を見たら、みんなが別に健康で今まで通りマイホームで楽しくやってたら、全てを捨てた移住を後悔するかも知れない。だから親だからって子供の人生の選択を無理強いは出来ない。他人ならばなおさらです。

今日は放射線量が全体的に上がっているから、雨に当たらないように気をつけてね。N95してね。場合によってはヨウ素剤を持ってる人は、自分で線量を確認して、必要を感じたら飲んでね。とかリスクを知らせて被曝回避を勧めるのは人としての善意だと思います。
ですけど、闇雲になんでもかんでも危ない危ないと、確証も無いままに不安ながらも放射能汚染地域といわれる東日本に家族を残して居る人たちや、東日本から逃げられないまま居る人たちに言い募って、

「今日の東京は雨だったね…

つくづく、関東地方は運が悪い。プルームが叩き落される。

でも他の地域が助かるから良しとしよう」
こんな毒のある言葉をインターネット上で公開して呟くのが、大人の正義なんでしょうか?善意なんでしょうか?

Twitterには未成年も居ます。私のフォロワーさんには、東日本のホットスポットで白血病と戦っている未成年の方もいらっしゃいます。

前向きに治療頑張ってます。
公開フォローしていれば、このツイートは目に入ります。

それを読んでどう感じるでしょう?

この方本当に医師なんでしょうか?本物の医者だったら私はかかりたくありません。
「知性ある」大人には、最低限の想像力=思い遣りって必要だと思うんです。

この方、私がこのブログで、彼から入口先生へのご質問に対してお返事を差し上げようと、彼のTwitterアカウントに訪れましたら、私憎さに、発狂して、Twitter上で私と同郷の群馬県や高崎市の方当てに、嫌がらせツイートを通り魔のように繰り返してらっしゃいました。

そして、自称この医者は、お金があるご自分は子供達に教育をつけられてそれは後から帰ってくるんだそうです。そうツイートなさってました。どこまでも拝金主義者です。
本物だったらもっとたちが悪いし下品です。

相当自信がおありなご様子。世の中金なんだそうです。
丸で東電と原子力村のご本尊のようなお方です。
福島原発放射能事故後、4年以上も、さまざまな個人的事情を抱えて危険を承知で高濃度汚染地域の東日本から逃げ出せない国民達を蔑み、ネットで匿名で他人の心に棘を置く自称医師。
こんな医者には治療は受けたくございません。

そうしたら、東日本のお金持ち全員、お医者さんたちは何故移住しないんでしょうね?
それに、日本が被曝したんですよ?
この自称医者は何故あなたは、今頃、未だに日本にいらっしゃるんですか?とっとと愛する子供たちを被曝から守るために日本脱出してるはずでしょ?あなたにさぞかし、実力おありならば。
だって、力のある日本人はとっくに海外脱出果たしてますよ。海外移住をこれから算段なさる?
豪州はそうは甘くありません。ネットで他人を見下して偉そうなことを抜かして、家族全員豪州移住を果たせたら是非ご報告お願いしたいものです。

まぁ、センセー 頑張って!ファイト~!

ご自身の実力と年齢を考えて下さい。あなた様が、東日本から逃げ出せない人たちの命を救うために?匿名でTwitterで物申してる?
三田先生みたいに、正々堂々とおやりなさいよ。
エアー医師やってないで!(笑)
本物だったら更に酷いよ(笑)
Twitter上のハンドルネームは晒さないでおきましょうね。
少しは美徳ってものを弁えましょうね。
これに懲りて。
それから、センセー、あんた男だったら、男が一回書いたツイートを消さないようにね!全部スクリーンコピーとってあるよ。
そこが入口先生や三田先生とあなたの違うところ。

匿名だからって、もう少しくらい美意識を持ちましょうよ。
アニメプロフィでイメージ作っても、アニメのほうが迷惑しちゃいますよ! 一体、彼の何が正義だったのか、さっぱり判らなくなりました。

あたしが安全派の教授(入口先生のこと)に取り込まれたんだそうです。(呆)

いいですか?入口先生は、福島も東京首都圏含む関東も、安全だとは仰ってません。


ただ、正しく恐がらないとと仰ってるだけです。



まぁ、せいぜい、彼には、彼の正義とやらを振りかざし続けて、311以後4年以上もの間、東日本で苦しんでいる人の心に棘を置き続けて下さい。それであなたの気が済むなら、一生そうしていて下さい。お元気で、さようなら、という感想です。


今回は、このことは自分自身の胸にも刻みたいと思います。


世界中のリスクについて追記します。

豪人の親友、大学教授のペーターが言ってたけど、豪人の1/3が糖尿病。豪州には実は化学物質の深刻な汚染が横たわっているんだって。何故かと言うと化学工場跡地に農場を作った場所が沢山あるからだって。そして散々使われてきた除草剤が今になって野菜や家畜に影響が出てると思うって。
農場で散々使われていたのは、DDTと呼ばれていたと思いますそれは基本的に、彼らはベトナムで使用したのと同じものです。彼の友達は親子で農家で、2人とも同じ農作業をしていて、癌で亡くなっているそうです。入口先生が教えてくださってるように、世界中に色んなリスクがあるんですね。
良く勉強なさってる方はご承知だとおもいますが、日本全国、実は、311直後には、沖縄に至るまでヨウ素131が飛んでいたことが判ったわけで(政府発表)飛んでいった核種はヨウ素131のみかどうかも定かでない。日本が被曝した。初期被曝した日本人が海外移住をする時には行き先で化学物質を食べ物などで取り込まないように要注意ですね。

同時に、常に解毒しやすい身体作りが大切です。重金属の解毒は発汗。

身体と冷やさないようにして、汗をかきやすい身体を作って、汗で解毒を心がけましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。