2018年6月22日金曜日

韓国原発で重水漏出、29人が放射能に被ばくのニュースについての、熊本大学入口名誉教授のご見解

韓国原発で重水漏出、29人が放射能に被ばく

http://s.japanese.joins.com/article/264/242264.html

熊本大学入口名誉教授
「重水に放射能はありません。通常の試薬として市販されていて誰でも購入することができますので心配いりません。韓国の事故は重水の漏れに伴って何か他の放射能が漏れたのでしょう。
韓国では放射能にさらされた労働者29人の被ばく量は平均0.39ミリシーベルト、最大で2.5ミリシーベルトだったようですね。
ヒトは、放射能2シーベルトで死に始め、4シーベルトで半数が死に、8シーベルトで全員が死にます。
東電福島第一原発の作業員は、作業をしている間の被ばく線量の基準が2015年に100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げられましたね。これに比べると韓国の事故は微々たるものです。恐るべきは、この日本の基準のほうでしょう。」

Twitter上で、6月11日に韓国で起きたこの事故について、何故、日本では報道しないのかと、6月21日に問題提起して拡散しているアカウントがあって、そのリツイートが10,000リツイート越してますが、ネット上を検索してみたところ、既にYahoo!で 8日前にニュースとして報じられてました。
そして今はリンク先が削除されてます。
問題提起をする事は良い事ですが、事故の規模とても大きいかのように、九州への影響の可能性を示唆してそれを拡散するのは、心配して頂いて、問題提示をして頂くのはありがたいことですが、度が過ぎると、神経の細い人には精神的なストレスになるかもしれません。
私もそういう点について反省して、情報の伝え方を気をつけたいと思います。

ちなみに、私の移住友達の中には、西日本で未だにガイガーカウンターで空間放射線量を測っている方がいらっしゃいますが、10日経った今も、西日本で以上に空間線量が上がっていると言うお話は聞こえてきてません。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。