2015年7月7日火曜日

新たな公害を生むと判り切っている、再エネ・実はクリーンじゃないクリーンエネルギーなんか要らない


実は、先日、岡山県の真庭市の木片バイオマス発電所である銘建工業さんに電話してご相談しました。

何故かと言うと、私は福島原発事故後、自分自身の体調が酷くなって2012年11月に岡山に移住してきて、この度、老後に備えて家を買いたいと思って、真庭のバイオマス発電所の近隣である、勝山の美観地区のそばに小さな家を見に行ったからです。老後の住まいの環境については自分自身がアレルギーを持っていることと、孫たちも遊びに来ますからとても気になります。

家を買うにあたって、近くで木片バイオマス発電が行われると聞いたので、家を「買いました⇒住みました⇒喘息が出て居られなくなりました」では済まないので本当に安全なのかどうか問い合わせてみました。

一回目に質問した時の回答は、銘建工業が使っている木材は、主に岡山産と西日本と海外産である。
今のところ東日本の木材は使っていない。
CLTについては、過去に試験的に行いましたが、福島の木材で作ったCLTは福島に送り返しております。

又、わざわざ担当者の男性の方から、飛灰の放射能検査の結果が出た数日後にお電話を頂いて、丁寧に検査結果を知らせて下さいました。

福島原発放射能事故由来のセシウム134はND。
セシウム137は33ベクレル毎kgだそうで、これくらいのレベルなら多分日本全国で検出されるレベルですから問題ないかと思います。とのことで一度は安心しました。

二回目の質問は、このブログを読んで更に心配になって

樹木における放射性セシウム汚染の現状を見ると、CLTやバイオマスは無理だとわかるのになぜ国策化?

http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/872c9ad4e28a5397ad878ec738b7ca19


再度、銘建工業さんに問い合わせました。
頭の良さそうな女性の方が回答して下さいました。

お電話は二回目、ご質問の内容は「お客様の不安は木材の流通についての不安」だと思うのですが、
当社といたしましては、国の基準に沿って国が安全とする木材で、なおかつ、当社としての移送コストが見合えば、東日本の木材を絶対に使わないとは言えません。
安全については個々人の感じ方次第ですから、個々人で判断していただくしかないかと思います。
CLT木材で出た木屑はペレット薪になるとかならないとかだけでなく、燃やさないとは言えません。
なにかしらに使われます。




福島原発放射能事故後、気付いたら、日本全国津々浦々に急激に増設されている「木片バイオマス発電所」なるもの、

私は、これを知って、福島原発放射能事故で放射能汚染さえた瓦礫の全国広域拡散が直ぐに頭に浮かびました。

放射能汚染された木を燃やすリスクについては既にブログで投稿済みです。

http://megsinginglalala.blogspot.jp/2015/06/blog-post_18.html


原発事故、放射性物質が撒き散らされた事実

放射性物質、被曝は危険

震災がれきなどの放射性廃棄物を燃やしてはいけない。(燃やすと濃縮し気化して肺へ吸い込む被ばくは危険。燃やして出た灰も放射性物質が濃縮して更に処分に困る。業務に携わる方々は灰を肺に吸い込んだら安全は担保されません。)

放射能汚染地域の木でできた木質バイオマスを燃やしたら危険

バイオマス発電を検証する

焼却灰も危険、再生可能エネルギーの補助金で行われて、FITで売電して儲けている。
https://www.env.go.jp/recycle/waste/tool_gwd3r/guide01.pdf

公害事業なのに国策

再エネ全体を検証する

再エネに問題がたくさんあった。(製造~運用~廃棄に至るまで)
すでに世界中で問題が起きているのを日本では知らせない。
まったくクリーンでもグリーンでもない工業製品。
太陽光パネルは、パソコンと同じく電子廃棄物になる。

すべての再エネで問題点が市民に隠蔽され
膨大な広告宣伝費が使われて
自然エネルギーのプロパガンダが行われていた
新聞テレビでCM(エネファーム、エコキュート、スマートハウス オール電化 エコって本当にそうなんですか?

生協を使って宣伝(あたかも原発をなくすために自然エネルギーが必要かのように)
脱原発運動・保養運動をしている人の中に、再エネの利権市民がいる

太陽光も風力も地熱もバイオマスも、
原発メーカー=再エネメーカー で「再エネは原発を補完する利権」の構造になっている
すすめればすすめるほど原発なくせない

再エネを応援しても原子力ムラに利益を誘導するだけ。原発をなくす方向になっていないばかりか、国民投票に誘導される。

その大元にCO2地球温暖化の。その上に再エネのが乗っている。
電気や自然科学、科学技術に関する基礎知識がない(電気工学、材料工学、分離工学など)
市民を騙すのは簡単。
テレビを鵜呑み、有名人・専門家をたよることで誘導された。
公害事業を止めるには、情報収集、法律、行政交渉の勉強が必要。それと同時に
真実の共有をすすめる。

こんな利権まみれ・金まみれなクリーンエネルギーなんか要りません。

電力は石炭や石油や天然ガスなどの火力でまかなえます。

そもそも新しいクリーンエネルギー製品を製造するためにどんだけ電力使う気ですか?




火力=木片バイオマスでいいやんかって?

「ごみを燃やす社会」を読めばわかりますが ゴミの焼却は危険な行為だという認識が多くの日本人にありません。

焼却炉は危険です。法律上も有害物質発生装置と位置づけられています。

焼却炉はダイオキシン類、有害重金属類、酸性ガス類、粒子状物質(SPM、PM2.5等)、揮発性有機化合物等、多種の有毒物質を排出

日本はダイオキシン特措法とごみ処理広域化計画で、全量焼却の道を選んだ海外は実質禁止。

ごみ焼却炉は化学反応釜。雑多な物質を高温と酸化作用で破壊・微小化する装置です。

内部では無数の化学反応が連続的に起きており、この過程で大量の有害物質が誕生しています。

解明されている物質はほんの一部。重金属類などの元素は燃やしても消えるわけではなく、微小な形になって人体に吸収されます。

焼却炉の副産物には必ず有害重金属が存在し、飛灰にはさらに高濃度で存在

●水銀~水俣病原因物質 沸点356.7℃

●鉛~鉛蓄電池、塗料、はんだ、チューブ、水道管等 沸点1750℃

●カドミウム~顔料、電池等 イタイイタイ病原因物質 沸点764.3℃

●アルミニウム~沸点2486℃



【酸性ガス類】~亜硫酸ガス、塩化水素

焼却炉からは毒ガス原料でもある有害ガスが大量に発生しており本来なら防護マスクが必要な職場だが作業員の安全はほとんど無視されている。焼却処理施設や周辺施設の劣化、周辺の樹木の黄変、枯死、金属のサビ等も酸性ガスが関係。人体も同じような被害を受けている。

【PM】~大気中に浮遊する百万分の一㍍単位の微小物質。

汚染物質が付着することが多く海外では死亡率に直結する大気汚染物質として注意報が出されている。焼却炉はPM2.5の発生源。(日本はディーゼル排ガスだけを危険視)

放射性物質もPMに付着し体内に取り込まれる。ナノレベルのPMも存在する。

【焼却炉にまつわる嘘】

●「煙突から出るのは水蒸気だけ」⇒未知の物質は垂れ流し、バグフィルターは気体は捉えられない。放射能99.9%捕捉は嘘。

●「基準値以下」⇒ほとんどが規制値ではなく、環境基準。測定は通知してから。

●「安全」⇒火災・爆発・浪費事故多発。緊急時蒸気排出弁の存在。

●「排水は循環利用」⇒未処理で公共下水道へ流されている。

●「衛生的」⇒毒ガス生成施設。子供たちを社会見学に行かせてはならない。

●「焼却炉ゴミ処理コストは安い」⇒そこから出てくる廃棄物をコスト計算に入れていない。原発と同じ。焼却炉そのものが巨大な産廃に


みなさん、ご自身が子育てをしている自治体の環境問題にもっともっと興味を持ちましょう。

企業にはどんどん質問をしていきましょう。

本当に健康を害さないんですか?
直ちに問題なくてもあとから死んだりしませんか?
大丈夫なんでしょうか?って問い詰めないとですよ!

ご自身の子孫の命を守るためにです。

ごみは出さないようにするしかありません。

日本社会の断捨離は急を要されると思います。

参考ブログ
燃やして出た灰はセメントに混ぜられます。
セメントを作るときは蒸しますから蒸気が発生してこれまた更に環境汚染します。(これは日本全国で言えることです。)

【問い合わせ】東京都内の7つの清掃工場の焼却灰がセメント原料化スタート。そのセメント工場5箇所とは?

http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/6c2f794d3d884a4d079c12a7a6db4e14

バグフィルターを素通りする放射能汚染 琉球大学名誉教授 矢ヶ崎克馬 http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/be95b634c57f26282fcb5f0bff66c163

エンジニア樗木さん「このまま全国で処理されればセシウムが飛散して大変なことになる」放射性廃棄物の焼却 http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/4407cc2e75c76fa3a079d911f7d3393f

いわき市の勿来発電所の発電燃料に福島県内産の木質バイオマス燃料が年間1000トン使われることに! 
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/1204d62c653864aaad8940fd5c819a0c

樹木における放射性セシウム汚染の現状を見ると、CLTやバイオマスは無理だとわかるのになぜ国策化? 
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/872c9ad4e28a5397ad878ec738b7ca19

【問い合わせ】南相馬市の原町火力発電所でも福島県内の木質バイオマスを年間6万トン燃やす事実

http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/182694dd6cde48d31737e5539e418f73

友達からのコメント
公害加害企業は淘汰されるべきです。
一人ひとりが加担していることを自覚し、そうでない価値観を作っていかないと
バイオマスを汚染木でなければいいじゃないか という議論も間違っています
国家的な規模でやり尽くしたらあっという間に禿山になります
イースター島は木を伐採しすぎて滅びました。

クレタ島も
https://www.youtube.com/watch?v=JjB57ejIbtM





ギリシャのクレタ島には、経済危機をきっかけに再生エネルギーラッシュが押し寄せ、自­然と文化が破壊されつつあります。再生エネルギーは良い物だと多くの人が思っています­が推進しようとしている人たちの目的はお金儲け。

日本も小さい島国です。

しかも、世界中を震撼させて止まない、福島原発放射能事故の後に、放射能汚染された東日本の木々を万万が一、日本全国に流通させて燃やしたら、本当に安全なのでしょうか?

日本のCLT木材生産とバイオマスをリードする銘建工業さん、自然や動物や人間に優しいお仕事を、期待してます。

追記
問い合わせがあったので書いておきます。

結局、勝山は高速バスで岡山駅から1時間半なんです。

家族が遊びに来るのに遠すぎるということで、ご縁あって、別の場所に決めました。

お騒がせ致しました。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。