2013年8月15日木曜日

「いいですか。忘れてはいけませんよ。いったん作業員全員が避難するようなことになれば、あとはもうフリーフォール(止めようのない急降下)です」。最悪の事態はこれから起きるのかもしれない。

現代ビジネスから

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11957




8/14 ロイターから

Insight: After disaster, the deadliest part of Japan's nuclear clean-up


災害後、史上最悪の日本の原発の処理

http://uk.reuters.com/article/2013/08/14/us-japan-fukushima-insight-idUKBRE97D00M20130814



こんな危険な処理をするというのに、既に慢性被ばくを強いられて、いつ発病するかもわからない子供たちを火事場周辺からさえ逃がさない行政。


腐りきった国!



福島のみならず、関東の子供たちの被ばくもあきらかなんですから、移住が無理なら、せめて、国は子供たちを早急に夏休みだけでも、保養や疎開の援助をすべきです。

それを、西日本の子供たちを騙して、放射能がダダ漏れの被災地周辺へボランティアに誘い出すなど、悪魔のすることです。

未来を背負う子供たちの命や遺伝子を粗末にして、平気でモルモットにし続ける日本に復興などあるわけがない。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。