2013年7月9日火曜日

今、現在、福島第一原発各号機放出量と関東に降っている放射性下降物の量6/16川根眞也氏(内容書き出し)

こんにちわ。

まず、今朝一番のNHKのニュースです。



福島第一原発 別の井戸でセシウム上昇 

7月9日 6時47分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130709/t10015906171000.html


以下はFacebookでNPO団体チェルノブイリの架け橋さんからの投稿です。
いよいよ、太平洋、漁業死滅へのカウントダウンがはじまりました。
もうお魚を絶対に食べないでください。
漁師の方が、推進派のかたぼうをかついでいる。
福島第一原発 別の井戸でセシウム上昇
7月9日 6時47分 NHK
 東京電力福島第一原子力発電所で、海に近い観測用の井戸の地下水から放射性物質のトリチウムなどが高い濃度で検出されている問題で、周囲に掘った別の井戸の水から検出された放射性のセシウムが、3日間でおよそ90倍に増えていることが分かりました。福島第一原発では、ことし5月以降、海に近い観測用の井戸の地下水で高い濃度の放射性物質が相次いで検出されていて、2号機の海側の井戸で、今月5日にストロンチウムなどベータ線という種類の放射線を出す放射性物質の合計が、1リットル当たり90万ベクレルという高い濃度で検出されました。
 東京電力が、同じ井戸で、8日、放射性セシウムについて調べた結果、

セシウム134が1リットル当たり9000ベクレルと3日前のおよそ90倍に、

セシウム137が18000ベクレルと3日前のおよそ86倍にいずれも増えていることが分かりました。

 福島第一原発では、井戸の近くの港でとった海水の放射性物質のトリチウムの濃度もことし5月から上昇を続け、今月3日にとった海水の値が1リットル当たり2300ベクレルと、原発事故のあと観測を始めたおととしの6月以降では最も高い値になっています。
 東京電力は「セシウムが3日間で上昇した理由や海への影響は分からない」と話しています。

こういう東電のデータについての報告は、NHKなんかよりも、福島ダイアリーのほうが数段速くて、嘘がないです。

なぜなら、福島ダイアリーの望月社長は、東電の日本語版と英語版のHPの中のデータをくまなく読んで、又、色々な専門家の皆さんと情報交換なさっていらっしゃるからです。
福島ダイアリーのニュースの方がNHKより断然速くて嘘がない。

嘘だと言うなら、それは東電が嘘を書いてるだけです。

だって福島ダイアリーは東電のホームページのデータを隅々拾い上げて書いてるわけですから。
(今、11:34分です)
Angama @ Angama_Market7時間
【もうダメだ]地下水観测孔№1-2からCs-134/137が過去最大値の27,000ベクレル/ L検出。のhttp://www。tepco.co.jp/cc/press/2013 / 1228792_5117.html
Angama @ Angama_Market11時間
[2012]東京電力は、それらが漏れ、ストロンチウム90の85万Bq/m3を"発見" 10分前に、海水汚染を監視
Angama @ Angama_Market14時間
[使用可能なブラスト物質]表面に調査γ&βの12ミリシーベルト/ hで、 "東京電力は、いくつかのためのα線量を発表していません
Angama @ Angama_Market7月7日
地下水、東電からのトリチウムの600,000,000 Bq/m3がために地下水を分析していません

http://fukushima-diary.com/2013/07/column-summary-of-fukushima-situation-what-we-dont-know-about-fukushima/

http://fukushima-diary.com/2013/07/2012tepco-monitored-seawater-contamination-10-mins-before-they-found-the-leakage-850000-bqm3-of-sr-90-detected/

ぽかーんと口あけて、TVでNHKのニュースを待ってて観るのが馬鹿らしくなります。まるで餌を待つ動物園の調教された動物みたいです。
まだまだ東電はなにか隠してる様子ですよ。
福島ダイアリーから追記
http://fukushima-diary.com/2013/07/column-summary-of-fukushima-situation-what-we-are-not-informed-of/


みんな楽しくHappy♡がいい♪さんさて、以下、ビデオを観る時間や環境の無い人のために書き起こしてあるブログ
http://kiikochan.blog136.fc2.com/?no=3097

の中から解かりやすい講演会のビデオをご紹介します。

【市民と科学者の内部被曝問題研究会】2013年6月16日
川根眞也先生 内部被ばくを考える市民研究会
ベラルーシ報告――日本が学ぶべきこと
http://www.google.co.jp/gwt/x?client=twitter&wsc=tb&u=http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3056.html&hl=ja&ei=nDrbUfLrOcabkgXpt4GgCw&whp=3Acomment5907

さいたま市と新宿と神奈川と前橋市と高崎市のデータを使って、今現在、福島第一原発各号機放出量と関東に降っている放射性下降物の量について解りやすく、東電が如何に誤魔化してきているかを、説明なさってます。

ハッキリ言いますと、悠長なことをやっている段階では、もう無いと思います。とおっしゃってます。

これが、我々が住んでいる実態なんですよね。
誰もこれを報道しないです。


何故かは山本太郎さんの選挙演説で暴露してましたね。

山本太郎「原発をやめるためにはTPP入ったらダメなんですよ。福島原発から飛び散った31種類の核種を調べて下さい、東京から始めましょう。」

http://megsinginglalala.blogspot.jp/2013/07/blog-post_7.html

http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FjKzp7LlcQw

個人ジャーナリストの木下黄太さんが、すごく解りやすく本当のこの国の状況を取材に基づいて話してます。

広域拡散~がれき・食品~木下黄太氏6/27豊橋(内容書き出し) (07/08)
http://www.google.co.jp/gwt/x?client=twitter&wsc=tb&u=http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3097.html&hl=ja&ei=VkLbUfjFO8uIkwW31oDwBw

土壌汚染の実態~チェルノブイリでどの地域の数値か~木下黄太氏6/27豊橋(内容書き出し)
http://www.google.co.jp/gwt/x?client=twitter&wsc=tf&u=http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3096.html&hl=ja&ei=s0PbUba7BsWHmQWsi4GYBw


赤ちゃんや子供たちは大人の20倍被爆をすると言われてます。
又、これから、恋をして結婚して子を成す若い世代のみなさん、
お願いしますからそれを忘れないで下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。