2013年6月4日火曜日

福島原発放射能事故後二年以上経って、情報共有の時期はもう終わったと思うその理由

今日は、Twitterで初めての方たちと色々意見交換しました。大変勉強になりました。
聡明な方は、短いTwitterの文字制限の中で、簡潔に解りやすく書いてくださいます。

ずっと、なんとも諦めきれなくて、あれこれ考え続けて、脳みそがメルトダウンな日々でした。
諦めきれなくて、メルボルンまで時間とお金使って行ってきました。
そして打ちのめされて帰ってきました。

だって、実はこのことはずっと頭の中にあったからです。

日米安保と日米地位協定、日米原子力協定がある限り、日本には平和が訪れない。それだけのことだ。市民対国の問題なんかじゃない。それ以上の強大な力が働いている。

この体制の破壊は、特殊なものになると思います。つまり、内部告発者と専門家間の連携になるということ。アノニマスやwikileaksやProject Avalonは、もろにそれ。アメリカや官僚機構、特に「巣」に働きかけるという事は、市民にとっては危険すぎる。

大人は判ってたことなんですね。お馬鹿なあたしも途中で気が付いてしまった。

それでも、今、声を上げなかったら、西日本への移住さえ決心できないでいる息子や孫たちの世代は、餌も満足にもらえない奴隷にされた挙句に殺されてしまうと思って、続けてきたんだよね。

そして何も変えられなかった。


そして、放射能汚染地域である東京や東北や関東で、被ばくを受け入れながら、脱原発叫んで歩いても、あまり有益だとは思えなくなりました。

だから、2011年の9月の大江さんら「脱原発」呼び掛け
http://www.asahi.com/national/update/0919/TKY201109190278.html

あれを最期にデモには参加してませんでした、ごめんなさい。

ほーら、あたし、あの頃は恥ずかしげもなくこんなこと書いてた。なんて傲慢なんでしょう。

あのころは、私の周りは、馬鹿みたいって、デモを冷めた目で見ている人たちが多かったんです。
そして大概その人たちは、丸で福島原発放射能事故が無かったかのように、事故以前となんら変わらず暮らしてました。他人がどう暮らそうとお互い迷惑かけてなかったら知ったこっちゃないけど。

https://www.facebook.com/notes/kumiko-meg-omi/%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%92%E8%89%B2%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD%E3%81%A7%E7%9C%BA%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B8/289709544376802


脱原発デモを色めがねで眺めている動かない人たちへ
by Kumiko Meg Omi (Notes) on Monday, September 19, 2011 at 11:43pm
大江さんら「脱原発」呼び掛け
http://www.asahi.com/national/update/0919/TKY201109190278.html
安直な気持ちや乗りでなんか参加してないのよ。
群馬から東京まで安直に出向いてられるか?
脱原発デモをしている人たちを共産党だとか勝手に色めがねで見て批判的な人たちが目立つけど、批判してる人たちに限って、なにもしてない。
他人を批判する前に動け。
動いてないくせに暇つぶしに書くな。(そういう人たちがTwitterには沢山居ました)
あたしは右でも左でもない。
いわゆる赤でもない。
自民党も民主党も支持しない。
母親だ。
子を守りたい母親だ。
これからの日本をしょって立つ若い世代の人たちを守りたい母親だ。
文句あるか?
もう一つおまけに、ずううううううううううううううっと正規で働き続けてる職業婦人だ。
文句あるか?
夫を亡くして以来女手一つで息子三人を育て上げてきたシングルマザーだ。
勝手に見下すな。
もう、バイアスかけて論じてるほど日本には余裕がないってことを少しは知りなさいよ。
あたしは参加してきました。
少なくとも、参加してない人たちに非難される筋合いじゃないです。
そう簡単には脱原発は適わないなんてことはそこらそんじょの誰よりもわかってます。
だけど、黙ってるわけにはいかない。
ご年配の方々やお父さん、お母さんがお子さんを連れてとか、若い方たちの姿も目立ちました。
11日の新宿デモでの仕組まれた逮捕劇。
あんなものに屈するわけにはいかないんです。
黙って見過ごすわけにはいかないんです。
大方の日本人はわかってるはずです。
少なくとも、動いてない人間が勝手に動いてる人たちを見下したり非難するな。
恥を知れ。

~*~*~*~*~*~*~*~

最近は、切ないです。

今日はいきなり、98円になりましたね。

47NEWS ‏@47news 41分
速報:NY外国為替市場で円がさらに上昇し、一時1ドル=98円台をつけた。 http://www.47news.jp/news/flashnews/

先日、Twitterでとても解りやすく経済についてツイートなさってらっしゃる方がいらっしゃったので、ここに御紹介します。私はこれは大変的を得てると思います。


目を醒まされよ。円高が日本経済を破壊したのではない。円高はマネー供給を円暴落防止のために絞った結果です。円供給を絞り続ければ当然に不動産や株の資産価格は下落し続けた。
マネーが民間では枯渇状態が20年間続き、官には比較潤沢に超安定的に供給された末路が今の日本の惨状なのです
逆に政府当局は、世界最強通貨に仕立てるほど他通貨比較で増刷を20余念も絞ったのが・・・・如何に円暴落(統率力の喪失)を深く恐れているか・・・・・現れている

通貨暴落は統率力の喪失に直結する・・・・公務員/警察/軍隊も税務官も教師も・・・・印刷によって担われているのですから

いまの円安速度が あと半年続くと 6割/年もの価値を失う・・・・
2年つづくと8割の価値を失う・・・・・
8割も円の価値を失ったら・・・・もはや中国と人件費が大差なくなる
そうしたら・・・・本当に日本の製造業は復活に向かう

しかし日本国民は・・・・ほぼ全員が8割もの資産を失った 後の祭りだろう・
徴兵も遠い先のことじゃない

以下は首相官邸のホームページからです。

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html


小学生 <小学校高学年>
教育の責任は当人50%、親25%、教師12.5%、一般社会12.5%であることを自覚させる
<小学生>
小学校の学習内容を、知識半分、人格形成半分にし、特に人格教育を重視する
基本的な言葉(読む、書く、語る)、社会人が持つべき最低限の算数や理科の知識を教える
簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
 
中学生   <中学生>
簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
 
高校生   <高校生>
満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける


もう、個々人で、我が子を守るための、出来る限りをしないとならないところまでとっくにきてるとおもいます。

福島原発放射能事故が起こる前の日本は幻だったんです。
そもそも、原発事故前から日本の過疎化は進んでいました。
大企業の殆どは、国内の工場を閉鎖して、海外諸国へ出て行ってしまってました。
不景気は今、始まったことじゃないんです。

バブルの頃の、あんな幻想に未だにしがみ付いて、今まで通りの暮らしを私たち年配者が引きづっていたら、若い世代はどうなりますか?


これが現実です。

【重要】アメリカ国防総省発表の日本での被曝量。 東京で311後の被曝で0~1歳児の甲状腺被曝量が12mSv

http://megsinginglalala.blogspot.jp/2013/04/3110112msv.html

プルーム襲来時に、特に屋外にいた幼児の保護者は、甲状腺の異状に注意を! ヨウ素の地表付近の濃度シミュレーション図
http://inventsolitude.sblo.jp/article/67146355.html

以下、上記ブログから抜粋

2013/5/13の報道によると、原子力規制委員会は、原発事故が起きた際、放射性物質が煙のように大気中に漂って移動する「放射性プルーム(放射性雲)」による被曝を防ぐため、有識者による検討チームを近く発足させる方針だと伝えられている。関東全域でプルームによる内部被曝が大きいことを当局が認めざるを得ない状況に追い込まれた現われだろう。

東京の伊藤病院の岩久建志医師らが2012/11/30、日本甲状腺学会で発表したところによれば,東京の病院で3千人に行なった検査では福島と同程度ののう胞が見つかったというのだが、親御さんたちは、たいしたことにはならないと考えているのだろうか。

たいしたことがなければ、それにこしたことはないが、どうもそうではないのではないかと、個人的に懸念を強めている。

関東に在住していた場合、2011/3にいつ、どんなプルームに遭遇しているか、分かってもらうために探し出したWSPEEDIの画像を掲載する。場所と時間をよく見てほしい。

まず、2011/3/15、午前10時の地表近くのヨウ素の濃度分布。関東から避難した方の子どもさんに甲状腺異常が出ている場合の主要な原因となったのがこのプルームだ。午前10時台に新宿で空間線量率のピークを記録している。

この記事は、木下黄太さんのブログで投稿された、東京で1200人を診たお医者さんの独白とリンクします。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/5cb3bf7a81713cfe18b328a94364af7b


あなたは、お子さんの検査のついでに甲状腺の検査を受けましたか?

お子さんの健康の心配を親がするのは当然ですが、どうか、若いお父さんお母さん、貴方自身の健康管理もなさってくださいね。

お父さん、お母さんがお子さんより先に倒れてしまったらどんなことになりますか?
どうか、当時三歳だった私と生まれたばかりの妹を遺して病に倒れて亡くなった私の母親や、三人息子の末子が2歳で雪の中で転倒して即死した私の夫のようにはならないで下さい。
2人とも親より先に逝ったのです。
子供を亡くした後の年老いた親の人生は過酷です。
子供の人生も激変します。


心より、みなさんの、ご無事を祈ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。