2013年4月1日月曜日

☆毒素排泄・ひまし油パック 実際に使ってみたご報告追記


Twitterであまりに質問が細かく来るので、書き足します。
これは私の職業ではありません。
あくまでも、九州でボランティアで移住の皆さんの応援をなさってらっしゃるあきこさんが、こういうヒーリングがあるよということで御紹介して頂いたひまし油温湿布について【ご紹介】させて頂いているだけです。
なので、真剣に取り組みたい、詳しく知りたい方は、まずは購入して、購入元からきちんとした冊子が送られてきますから、それをご覧になって、購入元へ質問してください。
ご報告
お風呂上りに、ひまし油温熱パック、早速やってみました。
昨日の夜、実は、嫁が長男に試して、【痒くなった!なんだこれ!(怒)こんなもの子供につけて変になったら困るから、返す!】って、折角プレゼントしたのに、叱られちゃって超凹んだんですが・・。

今日、私がやってみたら、ポカポカ温まって、最初は30分くらいにという販売元さんからのアドバイスだったんですが、余りの気持ちよさに、45分ほど、ホットカーペットの上でウトウトしちゃいました。
フランネルの生地の上にオイルをしみこませて、サランラップで外側を包んで、脇腹にあてたあとに、その上をバスタオルで覆ってから、そして温熱パッドをあてるのがみそですね。
↓5番の図の状態です。
http://holistic.gr.jp/detox/video.html
ひまし油温熱パックの後に、重層のお湯でふき取りました。さっぱりします。
そのあと、私は今日は5番の樟脳油をお腹から脇腹腰とトリートメントマッサージしました。
とてもいい香りです。
先日この記事を書いた時に、あきこさんから冊子を送って頂いたらスキャンしてアップしますと書きましたが、あとで販売元さんに確認しましたところ、一冊300円の内容のしっかりしたものなんです。なので、アップは控えることにします。
真剣に試してみたい方は、実際に、購入して、販売元さんからのご指導を受けながら、お試し下さい。
反応も、個人差があるものなので、私と同じ反応とは限りませんので、よろしくお願いします。

以上、ご報告でした。


あきこさんが、ご親切に、今一度、解りやすく、書いてくださいました。
ご参考にして下さい。しかし、自己責任でお願いします。

☆毒素排泄・ひまし油パック


ひまし油は心身の機能を適正に導くために、ちょうつがいにさす円滑油のような物です。

*ひまし油パックとは?

毒素排泄法の中で最も重要な位置を占めるのがひまし油パック。
様々な疾病に対して効果を上げています。
ひまし油はトウゴマ(ヒマの実)から採れる植物油ですが、薬局でも見られるように、現在の日本では主に下剤として利用されています。
このひまし油を右脇腹にすることにより、小腸の働きが良くなり、栄養素を取り込み、リンパを生成。
その循環がよくなり、免疫機能を高めて、毒素や老廃物を体の中からはがし取り、排泄するよう運び去ります。

*ひまし油パックの働き

①毒素・老廃物の排泄力アップ
②食べ物の消化吸収力アップ。胃酸のバランスを良くし、肝臓・腎臓・胆のうなどの内臓器官を活性化
③ホルモンなどの内分泌腺をはじめとする腺機能アップ。神経系の働き・バランスが向上
④リンパ球が生成され、免疫機能アップ

*このような症状に効果的

腎臓・肝臓・肺臓・脾臓障害・胆のうの障害・大腸・小腸の障害・胃・十二指腸の障害・関節・筋肉・腱の障害・血管・神経・血液の障害・リンパ節などの障害・目の障害・自律神経の不安定・便秘・宿便・炎症・腱鞘炎・肩こり・腰痛・五十肩・リウマチ・神経痛・不妊・母乳の出を良くする・打撲・捻挫・頭痛・腰痛・むくみ・美肌・しわの予防・ホクロ・イボ・できもの・排泄不良・食欲不振・失禁・てんかん・慢性的な不調 etc…

*ひまし油パックの仕方

ひまし油をしみ込ませたフランネルを右下腹部(肝臓の部分)にあてて温熱ヒーターなどで温め、1時間から1時間半横になります。
終わったら、重曹を溶かしたお湯で体についたひまし油をふき取ります。
これを3日間連続け、4日間休みます。
3日目の夜に、毒素の排泄を促すためにエクストラバージンオリーブオイルを大さじ1杯程飲み、また水分もしっかりとるようにします。
これを3週間続け、1週間休みます。

これが1クールです。

症状が改善されなければまた同じことを繰り返します。 

http://holistic.gr.jp/detox/video.html 


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。