2013年2月17日日曜日

前橋市で毎日燃やされている岩手県宮古の瓦礫が農薬漬けの疑いがありということで自民党のホープ福田さんにみんなでご相談してみませんか?

福田さんは、まだ可愛い、小さなお子さんのお父様でもいらっしゃいます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=432660196812800&set=a.380518705360283.92312.100002064703935&type=1&theater

家に着いたら、神の啓示が遺されていた。


「1月10日ちに そして」
「このひ へんかがおきた それは おわり」

なんなんだ?
なにが、終わったんだ???

しかも、文末の、リターン記号はなんなんだ?????






私は今朝、Facebook上で、群馬県の自民党ホープの福田たつおさんに、前橋市で燃やされている農薬漬けの宮古の瓦礫についてご相談してみました。

Kumiko Meg Omi なんとも愛らしい神の啓示ですね! 
ところで今日は、ご相談があります。
前橋市で焼却されている宮古の瓦礫に害虫駆除のために元々の総量は86万6千トンには、ハエ駆除のために農薬が散布されていたことが市民の現地問い合わせで判明しました。

当時サリン事件を追っていたジャーナリストの木下黄太郎さんが注意を呼びかけています。「本日まで気がつかなかった恥を告白。スミチオンは有機リン系農薬。ガレキに760キロ撒いた。そして、似たような毒物があったのをさっき思い出しました。サリンです。毒性はサリンより低いですが、燃やすとガス化します。超危険。サリン事件化学者にあす電話確認。

私が調べてみましたところ、群馬県小寺元知事を農薬空中散布を止めるきっかけになった『環境病患者の会』山田幸江さんの手紙「有機リン化合物の健康被害に対する早急な対策のお願い」



各省庁におかれましては、化学物質による健康被害の対策にご尽力頂いておるところで御座います。しかしながら、いまだ規制がなされていない有機リン化合物による慢性の健康被害は、非常に深刻かつ広範囲で、専門家は有機リン系農薬の慢性中毒の臨床像として、次のような可能性を指摘しています。

・ 化学物質過敏症の主たる発症原因となっている

・ 神経発達障害、特に小児の神経発達に悪影響を及ぼす

・ うつ病や神経・精神の症状の発症に関連する

・ 眼毒性による視力障害を来す

・ 免疫系の活性を低下ないし修飾する 他


Kumiko Meg Omi 様々な慢性疾患の要因になることが、平成15年~17年の厚生労働省の研究班による報告で明らかになりました。
子供の場合は脳・神経系が発達期にあるため一層影響を受けやすく、これらの影響は、場合によっては生涯にわたる不可逆な障害となることが分かっています。

http://www.k5.dion.ne.jp/~kanky-pa/about_us.html

どうぞまだ幼い子供たちの健康を守るために、慎重な調査を平にお願い申し上げます。


環境病患者会について 


環境病患者会は、専門の医療機関によって、有機リン慢性中毒、シックハウス症候群、化学物質過敏症の診断を受けた患者の会です。


有機リン慢性中毒などについて

 有機リン化合物は、近年の海外における学術研究により、長期微量曝露が重い慢性障害を引き起こすことが判ってきました。すなわち、化学物質を解毒する酵素や生理活性物質の代謝を担う酵素群を阻害することで、有機リン慢性中毒、シックハウス症候群、化学物質過敏症はもとより、喘息をはじめとしたアレルギー疾患の発症・悪化、多様で深刻な神経・精神障害、思考力・記憶力・知力の低下、うつ、統合失調症類似症状、攻撃性などを引き起こし、さらに、動脈硬化、心臓疾患など様々な慢性疾患の要因になることが、平成15年~17年の厚生労働省の研究班による報告で明らかになりました。

 子供の場合は脳・神経系が発達期にあるため一層影響を受けやすく、これらの影響は、場合によっては生涯にわたる不可逆な障害となることが分かっています。




Kumiko Meg Omi 


アップロード日: 2011/06/13
■アサヒ・コム動画 http://www.asahi.com/video/
東日本大震災で被災した岩手、宮城両県の漁港周辺の避難所が、ハエの大量発生におびえ­ている。感染症の原因にもなりかねないため、がれきに向かって殺虫剤の散布作業が進め­られている。
※「Channel ASAHI」にアップロードされている動画の改ざんや、朝日新聞社の許可なく商用・営­利目的で利用することを禁じます。





~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


みなさんも、将来を担う子供たちの健康を守るために、ご相談なさってみてはいかがでしょう?福田さんは国民の声を聞く耳を持った稀有な政治家でいらっしゃることを信じて!

December 3, 2012 via Email_upload
40を過ぎたころから、「古くから言われている言葉(諺とか)には、意味がある」事に気が付く。力のある言葉、真理を含む言葉は、残る。

人が好き。

人の話を聞くのが、好き。
特に、頭で、理屈で考えたことではなく、ココロが感じていること、そして、それをどうして感じるようになったのかを、聞きたい。
そこから、何かできることはないのか、が知りたい。

好奇心が旺盛。

新しいことに、ココロが動く。
一方で、モノに愛着が強い(執着はあまりない)。
普段着ているものは、20年前にアメリカで買ったものばかり。
ぼろぼろになっても、修理してでも、使えるものは最後まで使いたい(最近、吉田カバンの、四半世紀前に買ったデイパックを修理した)。

妄想が好き。

妄想が日本を救うと思っている(妄想力とは、今、無いものを、現状に囚われずに産み出す力。そこから、「可能性」というものが広がると信じている)。
それ故に、現状で「あいつ、変だよな」と言われる人が、事が、好き。

自由が好き。

決められたルールは守るけど、束縛されるのは、キライ。
だから、「権力」が個人の生き方を規定するような仕組みには反対。
(会社でも、人事制度を厳しくすることを、「人の可能性をつぶす」として、断固反対していた・・・まぁ、平社員の言う事だから、何の影響もなかったけど)

両親が厳しかった。むちゃくちゃ厳しかった。
「本当のお父さんとお母さんが、いつか迎えに来てくれるもの」と信じていた。当時の愛読書は、「次郎物語」と「にんじん」。
でも、高校くらいの時に、ふと気が付いた。
「親も、必死だったんだな」と。親の厳しい態度の裏にある必死さ、そしてその底にある愛情に気づく感性を持って生んでくれたことに、感謝。

親が、理論派。
11年間働いた職場も理論系。
30数年もそんな環境にいれば、そりゃあ、理屈っぽくもなる。
しかし、元々は、直情径行型。
高校時代、教室で机を投げていた。言葉より先に手が出ていた。言葉より先に涙が出ていた。

今は、頭でっかちにならず、心技体のバランスがとれていなければ、人として一人前ではない、と思う。
(心:ハート、技:理屈、体:感情)

政治も、同様。理屈ばっかりこねるヤツぁ、使えない。
実際に結果に結びつけて、ナンボ。
できなくても、確実に残るTryを。


幼稚園の卒園アルバムの「しょうらいの夢」欄には、「わかんない。でも、宇宙船のうんてんしゅ」
と答えていた。
今は、子供に「荒波を生き抜く力を付ける事」を身に着けて欲しいと思う。

誰かが何かをしたい、という事については、本能的に「助けたい」と思う(天性のおせっかい?)。

人に助けられ、人を助けて生きたい。

仲間のことを思いやりながら、家族のことをたいせつに思いながら、何か新しいことを。

びっくりするようなことをやりたいわけではない。
なにか、今、自分たちが持っているもので、新しいことができないか。
いままでしばられていた常識とかにとらわれず、新しい組み合わせとか、ちがった使い道とかを思いつかないか。
本当に、今、自分たちが「精一杯だ」と思っているところに、何か新しいやり方はないのか。
そんなことを、仲間たちと試行錯誤していきたい。

政治は、「人を縛るもの」ではなく、「人が自由になれるもの」であるべきだと思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。