2012年12月11日火曜日

【超重要】ビデオクリップとすべての書きお越し追記 ヘレン・カルディコット博士緊急記者会見


緊急記者会見当日のビデオと文字おこしを上手にまとめて下さった方がいらしたので、ご紹介します。


http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/416e97cea21ee803682a8b232a86119a


【必見】11/19 ヘレン・カルディコット博士 記者会見【 文字おこし】

2012年11月19日 15時08分59秒 | 放射能汚染
11/19 ヘレン・カルディコット博士  記者会見 (司会は木下黄太さん) 文字おこしはoldblue管理人

http://www.ustream.tv/recorded/27136614  動画



皆様ありがとうございます。

私は医師として、また特に子供たちを診る立場の小児科医であったという立場から、本日は福島の事故の医療的な側面から影響についてお話を申し上げたいと思っております。

福島は人類の歴史上最悪の産業事故です。極めて深刻な事故で3つの炉のメルトダウンがおこるという、人類史上初の3連続のメルトダウン事故でした。とにかく莫大な量の放射性物質が放出されました。

そしてひとつ幸運だったことは最初の数日感、風が東から西へふいて、つまり太平洋へ向かってふいていたことです。そのあと風向きが北西方向に変わり、日本の南の方向にまで向かって放射性物質が拡散していくということがおきました。そしてその間、日本政府は放射性物質の拡散についてSPEEDIというシステムをもっていて、拡散の状態の評価があったにもかかわらず、パニックを避けるためというような理由で、国民に情報を与えることをしませんでした。ですから中には最も放射線の高かった方向へ向かって逃げた人が出てしまいました。

私自身、チェルノブイリ事故の推移をずっとそのあとを追って緊密に見てきましたけれども、その中で私が言えるのは、ロシア人の人たちというのは、ロシアの国は日本に比べるともっと積極的に人を移動させる、避難させるということに取り組んだと思います。国民を守るためにそのような行動をロシアの方がとったということを私は感じます。

日本の政府も、それから東京電力も理解していないことは、子供たちというのは放射性物質に対する感受性が大人の10倍~20倍とあるということです。放射線被曝に由来するガンにかかるリスクということで、子供の中でも男の子と女の子を比べた場合には、女の子の方がリスクは2倍になります。

そして成人と比べて胎児と比較してみると、胎児の方がそのリスクは1000倍~何千倍というリスクの高さになります。

そして福島の地域200万人の人がいて、福島市という、福島市も放射線が高いんですが、その地域に25万人の人口が住んでいます。私は日本政府が子供たちを線量の高い地域に住まわせ続ける、住むことを許しているということに非常な驚きを禁じ得ません。チェルノブイリの場合は同じレベルの汚染地域からロシアは子供たちを避難させました。私は日本政府が、日本の国が、東京電力や原子力産業から強い影響を受けたり、あるいは場合によってはコントロールされるというような状況にあることを知っております。

そしてまた政治家の皆さんというのは、医療的な側面や科学的なものに対しての知識があまり深いところまでお持ちではありません。

とくに福島県、特に線量の高い地域にいる子供たち、妊婦、それから子供を産む、出産ができる年齢の方々、そういった方々が高線量地域にいるということは、医療的な側面から見て非常に極めて深刻な問題です。

そして子供たちは一生、生きていく今後の人生の中でガンになる可能性が出てくるわけですが、ガンというのは潜伏する期間が結構長くあるということがヒロシマやナガサキの経験からわかっています。5年とか17年とかそういった長い年月がかかります。

そして当局の皆さんは福島の18歳以下の子供たち8万人の検査をしたと聞いております。とくに甲状腺の超音波検査をしたということでした。

そしてこの検査の中で40%の子供に甲状腺に何らかの異常が見つかったという結果が出ていますが、このような数字というのは小児科の見地からみますと極めてほんとうにまったく希な話であります。

子供たちの中には必ず今後、甲状腺のガンにかかる子供が出てくると思われますが、すでに12歳の男の子で甲状腺ガンが見つかっていますし、今16歳の女児が検査を受けてガンの可能性が極めて高いと言われて、更に検査をしているときいております。そしてチェルノブイリの場合は、このガンがではじめたのが5年ぐらい経ってからだったんですが、今現在日本でこれだけ症状と言えるものが出ているということは、この日本の子供たちは相当高い線量を受けたのではないかということが言えると思います。おそらくチェルノブイリよりも高い線量の被曝を受けたと考えられます。

医師としての私の立場からみると、日本の政府というのは、日本の人たち、人間を守ることよりも東京電力を守ることにがんばっているのではないかというふうに見えてしまいます。

そして高い線量の地域にいる特に子供たち、妊婦、それから子供を産むことができる若い女性なり、子供を産める女性の方たち、こういった方たちを移住させる、そこから避難させるというのは極めて重要なことだと私は考えていまして、そこでその移住のための費用を国の政府がきちんとまかなう、負担するということは非常に重要なことだと私は思っています。

ですから実際、非常に弱い立場にある、こういったような子供や妊婦さんや若い女性、そういった人たちよりも、実際、東京電力を守るために予算を使うということをしているのが、今の日本の政治だと思います。

そして放射性元素というのは食物の中に蓄積します。たとえばキノコ類、ほうれん草、お米、お茶、それから魚。放射性物質というのは、味はしません。匂いも全くしないし、目に見えることもありません。ですから福島からきた汚染した食品を人が口にしているわけですが、残念ながら日本にはその放射性を帯びた食品を食べることに実質的に規制がないというところです。そしてこういった魚とか食品とか放射性物質がある食品、たとえばセシウム137で汚染された食品を食べていると、何年か経った時に悪性の脳腫瘍とか筋肉腫とかその他のガンを発症する、ガンになるという可能性が出てきます。

そして例えば福島県の学校や幼稚園では、放射能を帯びている放射性物質が入っているような食事を子供に与えるというようなことをしています。これは医療的な見地から見ると「非道徳的」と言わざるを得ません。福島からの食品、とにかく毎週すべて検査をする必要があります。

そして検査の結果によっては販売をして口にするということがあってはいけないと考えております。そして魚ですが太平洋の魚には高い放射性レベルが検知されています。これは放射性元素が大量に海に投棄され放出されたからですが、この太平洋に放出されたこの放射性物質の量というのは、人類の過去の史上最高の量です。

私は400人の一般市民の方を前に講演をさせていただきましたが、そこで私が感じたのは、そこに来られた一般市民の皆さんが、一体どうしたらいいのかということを必死で知りたいと思っている、何が起きているかというのを必死で知りたいと思っていらっしゃるお気持ちでした。福島の結果どんな影響が起きて日本に今なにが起きているのかということを、広く一般の人に知らせる責任がメディアにはあると思いますが、今のところ全体的にみてその責任は果たされていないように見えます。

そしてこの福島の事故、これはまだ終わってはいません。まだ続いているわけです。そしていま40年、時間をかけて、クリーンアップ(除せん)、きれいにするといっていますけれども、科学的に見てクリーンアップ(除せん)、きれいにするということはできません。これは科学的に言って不可能です。

セシウム137というのは300年残ります。そして福島はじめその周辺の汚染地域も汚染されたままです。食品の汚染も、そして人が汚染を受けたものも、300年あるいはそれ以上の時間続くわけです。

そして国の政府はどうも今回のこの大災害というか大事故がどれだけ長い時間がかかるものかという現実をよく理解されていないと思います。

そしてこれから疫学的に見ても白血病やガンや先天性の形成異常とかそういったものが今後70年間にわたって次々出てくるであろうということを私は思います。そのことを実は原子力産業も知っているのではないかと思います。福島に今、ガンに対応するための非常に大きな医療施設を作ろうとしていると聞いています。

そしてまた福島の原子力発電所の処理をするために極めて高い線量のところで作業しておられる作業員の方々についても、公に記録が人々に見える形で残されていない状態に今あります。そして高線量のところで作業をする人たちの放射線による被害の状態というのはきちんと記録がなされ、それが公の情報として出されていかなければいけないと思いますが、それが実際に可能になっていくかどうかは、このメディアによっているところが非常に大きいと考えています。

そしてもう一つ、最も重要な点なんですが、日本の多くの人に知っていただきたいことは、もし福島の地域でもう一度マグニチュード7以上の、7を超えるような大きな地震があった場合には、福島原発の4号機、この建物が崩壊する可能性があるということで、ここには使用済み核燃料の冷却用のプールがありますが、これが崩壊しますと、チェルノブイリで起こった10倍の放射性物質がさらに放出されるということが予想されているという点です。

そしてもしそのようなことが起きた場合、日本という国の大半の部分が、もう終わってしまうということです。それほどの大事であるにもかかわらず、多くの人がその現実にはっきりと気づいていないということだと思います。そして政治家の方はすでに、もし4号機に何かあってそういった崩壊とかの事故があった場合には、東京も今度は避難しなければいけなくなるというようなことをわかって言っていらっしゃいますが、一体3000万人の人をどうやって避難させるんでしょうか?

そして日本の政府もそれから東京電力も、外国の企業からの助け、あるいはアメリカのNRCからの助けや海外の専門家からの支援を得ることを認めていませんので、得ていない状態にありますので、4号機の補強する、強化をして安全にするためにぜひ協力を仰ぐべきだと考えます。今、日本だけ、東電だけで、いまこの対処をするのに、クレーンを設置して中の使用済み燃料を取り出すことができるようにするのに2年かかるということを言っていますが、その2年間、待っている間に何が起きてもおかしくありません。

そして最後に申し上げたいことは、がれきの問題です。福島の地域から出た、放射能で汚染された地域から出たがれきについて、これを他の地域で焼却するということを聞いています。焼却するということは、ダスト、灰が出るわけです。そのようなことをして、広めるということは、これは犯罪的なことだと思います。私からは以上でございます。ありがとうございました。

追記

クリーンアップ=除染 ダスト=ばいじん 塵 という解釈が妥当かと思います。

 質疑応答はすべて文字おこしはできませんが、とりあえず簡単に以下。

 「日本の医師は表に出てこないブラックアウト状態。水俣の時よりひどい。」「被曝にビタミンCはききません医学的には。」
BY カルディコット医師

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/41094 動画

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/e4490b3316c3ac64d1d17bdbcf2fd158  より

場所:衆議院第一議員会館 一階多目的ホール

会見者:ヘレン・カルディコット博士  




ヘレン•カルディコット医師。分かりやすく、すーっと理解出来る説明は、小児科医であり母で祖母である。

バンダジェフスキーの調査では胎盤への濃縮が見られた、それが死産へとつながった可能性があり、実際に事故後死産が増えたということがある。

日本も企業も海外からの支援を認めていない 支援を得ていない 4号機の強化に協力をあおぐべきだと思っている

これから、白血病、甲状腺がんなどが、70年間発生し続けるだろう。国は癌の病院を建設しているそうだが、それをよくわかっているのだろう。

木下さんが「カルディコット博士勉強会。東京の土壌汚染800Bq/kgでどうかと質問を僕がしました。」
小さい子は土で遊ぶ。たたみやふとん、ハウスダスト吸いやすい。口からはいる。どれだけのレベルおきるか。東京は悪性腫瘍などの健康被害は十分想定される。

Csで汚染された食物の継続摂取は、ずっと後になって、脳腫瘍、筋肉種、卵巣癌、その他の癌の発症リスクがある

政府は人より東電を守ることに予算を使う。
40%の子供達に甲状腺異常が見られる事は小児科の科学的側面から見ても本当に珍しい。 チェルノよりも酷い汚染に晒されたと思う。

放射性物質を帯びた食品を子供達に食べさせるということは、非道徳的である。決して口にさせてはいけない。数年後に脳腫瘍などの癌を発症させる恐れがある。

日本の子供達は、チェルノブイリの時よりも強い被曝を受けた。子供や妊婦、若い女性は避難しなければならない。

放射性物質は藻類の中で生体濃縮し、それを甲殻類が食べ、甲殻類はまずは小型の魚、それから大型の魚に食べられます。大型魚の中に放射性物質が高度に濃縮しているのはそのためです。人間は食物連鎖の頂点にいますから、最終的にもっとも多くの放射性物質をとりこみます

子どもだろうと誰だろうと、放射性物質はどんなレベルでも許容できるものではありません。子どもたちは大人より20倍以上も敏感です。子どもたちはいかなるレベルの放射性物質にもさらされてはいけません。絶対に。

反核医師カルディコット博士「福島県でホールボディカウンタ内部被曝調査をしている医師らが、チェルノブイリより内部被曝は大したことないと言っているがどう思うか」との私の質問に、「その医師らは、東電の関係者ですか?それとも政府の関係者ですか?私の国なら、そのような医師は犯罪者です」と。

白血病は5年後からがピークで甲状腺ガンは始まったばかり。

広島、長崎の原爆の時、被爆者はまるで不可触民のように差別されましたが、日本人のメンタリティを考えると福島でも今後起きるかもしれません。
長崎広島の時には被爆者は不可触民という感覚で扱われ結婚差別されるという扱いを受けた。日本人のメンタリティーからは今後福島の方が同じ扱いを受けないか憂慮します。

カルディコット博士:バンダジェフスキーの調査では胎盤への濃縮が見られた、それが死産へとつながった可能性があり、実際に事故後死産が増えたということがある。

日本のメディアは水俣病の時より酷い状態だと思う。

日本は他国によく思われたいと思っている 疫学的な結果でたとき、日本は無責任だと思われる 良い国だと思われない。

日本の医師たちが公の場で見解を述べる事を避けている。この事に驚いている。ブラックアウト状態だ。 日本の子どもたちの今後をとても憂慮している。
ペクチンなどは効きませんと明言。

Q「ビタミンCが放射能に訊くと言って国民を食い物にしている医者についてどう思うか?」A「医療的に間違ってる。効きません。



以上、まとめてみました。



ヨウ素剤の備蓄と配布、及び、放射性物質が濃縮したと思われる黒い物質の調査と行政指導の請願書のための署名をよろしくお願いします。

詳しくはこちら。


http://weinkeller.at.webry.info/201211/article_8.html


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。