2012年12月11日火曜日

16歳からサンタへ、放射能汚染地域から逃がして貰えない子供を内部被ばくから守る請願書の署名のお願い


だからヨウ素剤の備蓄と配布は必須だと思いませんか?

http://www.youtube.com/watch?v=OxSRChl5MF4&feature=youtu.be





こんばんは、小見です。


今夜は、16歳の親友からのサンタさんへのお願いをご紹介させて頂きます。

(本人からは転載の許可を頂いてます)

「サンタさんサンタさん、

今年はね、お願いがあるんだ。

毎年何も欲しいものがないから

サンタさんを頼ることは
なかったんだけどね、今年もね、
欲しいものはないんだけどね、
どうしても聞いてほしいんだ。

あのね、空気を綺麗にしてほしいの。


白い息が出るのは空気が汚いから

ってどこかで聞いたんだけど
さっき天気予報のアナウンサーのね、
息が白かったんだ。

私のいるここはね、空気が綺麗だから

白い息が出ないみたい。

でもね、そのアナウンサーがいる

ところの近くにね、私の大切な、
とっても大切な人たちがたくさんいるの。

だからね、大切な人たちにね、

汚い空気を吸ってほしくないからね、
サンタさん、綺麗にしてきてよ。

ね、初めてのお願い、聞いてくれるでしょ?


そしたらサンタさんは


「僕はプレゼントはあげられるけど

 お願い事は叶えられないよ。
 お願いするなら七夕のときか
 流れ星にしてよ」

って言ったんだ。


あぁ、そっか。


サンタさんは魔法使いじゃ

ないんだもんね。

サンタさんにできないなら

人間はもっと無理だね。

私は大切な人たちが汚い空気を

吸っているところを
見て見ぬふりしかできないんだね。」

なぜ被災地の瓦礫を拡散して燃やしてはいけないか?


Dr.Caldicott: #Fukushima; #Debris Burn in #Osaka #瓦礫 と #放射能


http://www.youtube.com/watch?v=PQcDUVeIrww&feature=em-uploademail





私、小見は我が息子たちを西日本への移住の説得が叶わないまま、沖縄から少しでも就職できる可能性の高い岡山への引っ越しを済ませ、高崎市へ戻っています。


放射能汚染地域群馬県から逃がしてもらえない子供たちを少しでも内部被ばくから守るための請願書の署名集めに独りで駆け回ってます。


関東各地、群馬県も漏れなく、放射性物質は濃縮している実態があります。

東京都江戸川区では、区民運動のお蔭で、区民から通知が行くとロードスウィーパーという車で行政が危険な黒い物質を撤去に行くというシステムがすでに導入されてます。


江戸川区西部 都営団地コンクリート広場 広場周囲 保育園そば 188000~243000bq/kg  



画像


群馬県の皆さんは、群馬県だに神風が吹いて、群馬県を通り越して東京にだけ放射性物質が飛んで行ったと思いますか?


群馬県には放射性物質の濃縮はないと思いますか?


逃げられないとしても、今の環境で、大人ができることってないでしょうか?


高崎市、放射性物質の濃縮された黒い物質についての調査と行政指導の請願書の目標は、


「ロードスウィーパーの配備」です。



画像

http://www.youtube.com/watch?v=r-ptxYkt_PM




昨日、今日で、高崎市のお母さん方から、子供たちを内部被ばくから守るための請願書のためのご署名のご協力の声がメールや電話で届くようになりました!

勇気百倍です!ありがとうございます!




画像



画像


大抵の大人には、どれだけ現実をデータを持って説明しても、みなさんはテレビや新聞に洗脳されてきたことと、余りの現実の厳しさに、「逃げられない」という固定観念から思考停止してます。

それでも心ある大人の方々は、一個人として、親として、署名を下さいます。
しかし、署名のご御協力に関しては、お断りになる方が殆どです。

汚染地域で生きて行かないとならない現実の中、大人はどうしても、我が子の命を守ることよりも、ご自身の対面が大切な様子です。


周りと違うことをしたくない。

群馬県は自民党保守だから、福田ブランドを守らないと、中曽根ブランドを守らないと。
こんな声も年長者の方からは多いです。

それでも、このブログ経由で、FacebookやMIXIを通して、県外は福岡・岩手・沖縄・岡山・滋賀県・熊本・海外は遠くブルネイからまで署名のご協力を頂きはじめました。


その中には群馬県に御嬢さんが嫁いでいらっしゃる親御さんもいらっしゃれば、親類がいらっしゃる方、

そうでなくても署名をせずにいられない、真心の清い署名を願い出て下さることが沢山いらっしゃることは心の救いです。

群馬県内も、高崎市や前橋市からも署名のご協力を頂きはじめました。

ご自身から勇気を持って私どもにメールを下さった皆さんには、この場を持ちまして、深く御礼申し上げます。

署名の締め切りは、選挙の日としてありましたが、今週中、遅くても来週に変更しました。

先週の地震が余震としたら、大きな地震がこの後起こって福島原発で大事故が再び起こったら、子供たちへのプレゼントは間に合わなくなってしまうからです。


署名をご協力いただける方は,

高崎市の請願書代表者小見宛て meglian2004@yahoo.co.jp にメール下さい。
よろしくお願いします。


パソコン環境やプリンターのない方には用紙を郵送もしくは、お時間頂けるようでしたら、ご自宅まで伺います。





黒い物質とはどういうものか

http://dl.dropbox.com/u/10525543/robou_ver2_web.pdf

富岡市の市民が黒い物質を個人費用で土壌汚染の検査会社に提出して得たデータ セシウム134と137合計12000bq/kg超え

http://dl.dropbox.com/u/10525543/SCAN0039.JPG




富岡市の市民が黒い物質を更に個人費用で土壌汚染の検査会社に提出して得たデータ セシウム134と137合算2万bq/kg超え

http://dl.dropbox.com/u/10525543/SCAN0038.JPG


pc環境が無い方はメールで受け付けて、署名用紙をこちらから郵送させて頂きます。


pcとプリンターの環境のある方はjpgでアップしてありますので、そちらを印刷してご署名の上、代表者宛てに郵送頂けるとありがたいです。


可能な限り、ご自宅までご署名を直に頂きに行って、頭を下げてお礼をしたいと思っております。





この現実を突きつけられてもなお、日本の報道操作され続けている TVやニュースを信じたい方々へご参考までに。


3分弱ですので、ぜひご覧ください。

Original Message -----------------------
10月5日に内部被曝研の副理事長の矢ヶ崎克馬先生と自由報道協会で「モニタリング告発の緊急記者会見」を行った、「ふくいち周辺環境放射線モニタリングプロジェクト」のメンバーで、安全安心プロジェクトの吉田邦博さんが、第二ドイツテレビZDFの取材を受けた動画です。(11月20日up)

ドイツでは、福島の真実を伝えておりますので、お時間のあるときに、ぜひご覧ください。


『フクシマの子供たちの放射線障害』

「フクシマのうそ」を作成したヨハネス・ハーノ氏のドキュメント番組。(日本語訳つきです)

http://www.youtube.com/watch?v=kzXPwvcRWhA&feature=youtu.be





松村昭雄氏(元国連職員)が、日本の子供たちを救出するため多くの国会議員に会って、日本の破局が迫っていることを訴えました。

(10月25日 札幌市で開かれたシンポジウムで講演した内容)
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1656.html


画像


4号機、すべては「希望的な計画」なのか?


「4号機の放射能が飛散すれば、その範囲は首都圏まで及び、4000万人以上の人が避難しなければならない。人類史上、最悪の事態になる」(アーニー・ガンダーセン氏)


4号機への不安はつのる。いったい、東電は何をやっているのか、本当に作業は進んでいるのか。まず、事実を知るべきだろう。


燃料プールが問題は1~4号機すべての問題だが、「使用済燃料プールに関する限りの最悪の爆発は、4号機で起こり、プールがすでに傾いてしまっている」(小出裕章京大助教)のが状況だ。


【第1期】(竹中工務店、日立GEが受注)

①ガレキ撤去(原子炉建屋の上部) ★現在
②燃料を取出すもう一つの建屋を建設、そこへカバーの設置
③クレーン、燃料取扱機の設置
④プール内部のガレキ撤去、燃料調査
★ここまでが第1期、2013年度内をめざしている。

【第2期】  

①キャスク(100tの鉛容器、設計中)を、クレーンでプールに入れる
②燃料取扱機で、プール内の核燃料をキャスクに入れる
③キャスクを地上におろし、燃料棒を別の共有プールに保管する
★この作業を何度も繰り返す。完了は、2016年度(5年後)を「目標」としている。また、1~3号機すべての取出しには10年間を目標にしている。

2期の作業中、何らかの理由で燃料棒を落とし、損傷すると、放射性ガスが吹き出て、今後、原発周辺では、一切の作業自体ができなくなる。「使用済みの燃料棒は、空気に触れると周囲の人間がバタバタと死ぬぐらいの放射線が出ます」(小出氏)。つまり、二度と近づけない、広範囲の放射能地獄が、日本に出現する。


4号機の下に活断層があるらしい。地震がきたら、「すべては希望的計画だった」と人類史に長く残ることになる。


以上Facebookより



今朝、西日本へ早々に移住をして、移住先で大変御苦労なさっていらっしゃる方から、私にこういうメールが入りました。

「署名して変わる世の中ではなく、お金で動く人たちが、動かす世の中」


私も今、結局、その通りだなと、痛感してます。口惜しいです。


だけど、北風と冷たい雨の中帰宅して、pcを開いて、16歳の親友からサンタへのお願いを読んだとき、


私は諦めたら、私自身に負けるんだと思いました。



東電率いる原子力村と原発マネーに長年麻薬漬けの政府関係者に我が子と我が孫たちを日々、どう殺されるよりも、どう生きるか、そのことは私自身の中ではこのプロセスは大切です。


私は、負け惜しみでなく、そう思います。




Words by john turner and geoffrey parsons

Music by charlie chaplin
http://youtu.be/pyRa_ygq1nc



微笑んで、胸が痛むときも

微笑んで、胸が張り裂けそうな時も
空に雲が立ち込めていても
君はきっと乗り越えていける

微笑めば

仮に恐れと悲しみでいっぱいでも
微笑めば、いずれ明日がくるだろう
人生報われるときもあるって気付くさ、もし君が・・・

喜びを満面に浮かべて、輝かせてごらん

悲しくても ぐっとこらえるんだ
涙がこぼれおちそうになる瞬間もあるだろう
そんなときこそ、
微笑むんだ、泣いてもしょうがない
人生報われるときもあるって気付くさ
もし君が・・・

微笑んで、胸が痛むときも

微笑んで、胸が張り裂けそうな時も
空に雲が立ち込めていても
君はきっと乗り越えていける

微笑めば

仮に恐れと悲しみでいっぱいでも
微笑めば、いずれ明日がくるだろう
人生報われるときもあるって気付くさ
微笑みを浮かべてごらん・・・

そんなときこそ

微笑むんだ、泣いてもしょうがないんだ
人生報われるときもあるって気付くさ
微笑みを浮かべてごらん

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。